← 前に戻る > ぶくぶく茶体験

【 ぶくぶく茶体験について 】

ぶくぶく、ぼてぼて、ばたばた ・・・
琉球茶道ともいわれるぶくぶく茶は18世紀初頭、中国からの使節団である冊封使へのおもてなし、またお祝い事など縁起物とされた沖縄独自のおめでたいお茶で、ぶくぶくと泡立つのは、硬水である沖縄の水を利用するからと言われており、泡立てることでさらに味わい深く香り豊かなお茶となります。島根県の「ぼてぼて茶」、富山、新潟の「ばたばた茶」、そして沖縄の「ぶくぶく茶」。ぶくぶくがまだの方は是非一度お試しになってはいかが?
琉球武家屋敷 謝名亭にてお待ちしております。

こちらの体験は完全予約制です。
お電話、FAXにてご予約承ります。
材料は玄米または白米、お茶(さんぴん茶)、落花生、水(硬水)を使います。

●場所:琉球武家屋敷 謝名亭

(1) ぶくぶく茶体験
 
料金 1,080円
時間 1時間
人数 10~30人(グループ、団体のみ)